住宅

ふたりの好きな世界観を表現した家。素材感がおしゃれなアーリーアメリカンスタイル。

西白河郡西郷村 E様邸(平成27年12月完成)


もともと、ミッドセンチュリー系やヴィンテージ系の家具が好きで、仙台や郡山に行く際は、家具屋さんやおしゃれなカフェに立ち寄るのが趣味だというEさん。「家を建てるなら、家具だけでなく、家そのものを好きな世界観で表現したい」と考えていました。リビングには、ダメージ加工した梁が現しなっていたり、通常なら屋根裏などに使うラーチ合板を壁材として取り入れていたり、個性的なテクスチャーを持つ素材が随所に使われています。当初は、吉田技建が建てている家とはテイストが違うので、お願いすることをためらった。しかし吉田社長は「自分たちの好きなようにやったほうが良い」と、Eさんが好みそうな材料を探しては、提案してくれたそうです。「好きなものに囲まれていると、本当に居心地が良いんです。帰ってくるとホッとします」と話します。共働きで小さいお子さん2人を子育て中のEさんご夫婦。毎日慌ただしく過ごしていますが、家のことも子どもの世話も、夫婦で協力しあって暮らしています。「いつもふたりでやるから、何をしていても楽しいんです。彼がドリップしたコーヒーを飲みながら、一息つく時間が好きですね」。こんな毎日が幸せ、と奥様はで微笑みます。


2Fのフリースペース。白い壁とブルーグレーの扉でちょっとレトロな雰囲気を演出


シンプルな空間を、照明やタペストリーでコーディネートしたくつろぎの寝室


叶えたい要望の一つだったリビング階段。アイアンの手すりと合板の壁のコントラストも◎


ヴィンテージ感のある家具に囲まれたリビング。ソファやテーブルは「カリモク」で統一

吉田技建のスタッフさんが信頼できる人でした!


吉田技建の菊池さんは、以前から知り合いで信頼できる人でした。家づくりを考えはじめたとき、社長と菊池さんに相談したのですが、ほんとうに親身になってくれて…この人たちと家づくりがしたい!と思ったんです。自分たちの希望を取り入れながら、コストを抑えて予算内で叶えてくれたことも嬉しかったです。

箱型の外観と片ながれの屋根が印象的なEさん邸。子どもたちが成長し、ウッドデッキで遊ぶことも増えた。これから庭をつくって、外で過ごす時間も楽しみたいのだとか

延べ床面積…114.75㎡(4LDK)
気密測定結果(C値)…1回目構造時0.2㎠/㎡、2回目完成時0.5㎠/㎡
屋根材…ガルバ鋼板 / 外壁材…窯業系サイディング

お知らせ・イベント
インタビュー

オリジナルキッチン作るまでの経緯や使用感は?実際に作った方にインタビューしてみた。

吉田技建のアフターフォローは独特?実際に建てて10年以上のお客さんに聞いてみました。

注文住宅の成功例。いわき市に住んでる私が白河市の工務店を頼んだ理由はコレです。

白河市で自由設計の家を探した私たち。ハウスメーカーではなく工務店を選んだ理由は?

家づくり実例

家づくり実例をもっとみる

無料カタログ請求

吉田技建で家を建てた施主さまの施工実例をまとめたカタログを無料で贈呈いたします。家族との住まいの姿をぜひお楽しみください。下記フォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。

ご氏名 必須

送り先住所 必須

メールアドレス 必須

備考欄

リフォーム 白河市

福島県白河市高山西164-5
9:00~18:00 水・第2,4日曜日