住宅

ワンフロアで暮らせる“平屋風”の住み心地。サンルームと庭も完成し日常がより楽しいものに。

西白河郡西郷村 I様邸 (平成25年6月完成)

西郷村のIさん夫妻は、結婚して間もない頃から家づくりを考えはじめていました。「子どもが生まれ、子育てをして、成長していつか独立するときが訪れる。それから夫婦ふたりで暮らすならば、どんな家が良いだろう?」と話し合っていたそうです。そんなふたりがたどり着いたのが「平屋風のコンパクトな家」。6年前に完成した一軒家は、ワンフロアで生活ができて、なおかつ掃除や整理整頓がしやすい住まいです。1階にはリビング・ダイニングの他に、寝室、個室があり、中2階に子ども部屋があります。一日のほとんどを1階で過ごすため、朝の準備やバスタイム、寝かしつけがとても楽なのだとか。すっきりとした空間を保つために役立っているのが、屋根裏の大きな収納スペース!季節のものや大型の家具を入れてもまだまだ余裕があるほど広々としています。1年前には、リビングとつながる東側にサンルームを造り玄関まわりの外構を完成させました。「自分たちの気に入ったテイストを取り入れつつ、予算内で叶えることができました。こうやって、その時々に合った住み心地を求めていけたらいいですね」。これからはサンルームや庭と室内を行き来しながら、遊んだり、くつろいだりできる時間が楽しみと話していました。<画像400.jpg>


キッチンとダイニングテーブルをつないだレイアウト。幅のあるキッチンは使い勝手も抜群


中2階の子供部屋。扉の向こうに屋根裏が続いており広々とした収納が◎


屋根の勾配を生かした天井に、存在感のある古い梁。開放感のあるくつろぎスペース


収納力のあるバスルーム。洗面台も広々で、家族が並んで朝支度ができる

ナチュラルなデザインで自分たちの希望にぴったりでした


無垢材や白い壁であたたかみのある雰囲気が好きだという奥様。知人が吉田技建で家を建てたことをきっかけに、ホームページや見学会でチェックしていたという。「自分たちの好みを分かってくれて、木の色合いや造作家具も希望通りでした。なので、サンルームを作るときも迷わず吉田技建さんにお願いしました」と話しています。


リビングとキッチンから出入りできるサンルーム。白を貴重としたナチュラルな雰囲気に、木製のレトロな可動式の窓が印象的。洗濯物を干したり、子どもたちが遊んだりするスペース

長期優良適合住宅
延べ床面積…113.80㎡(3LDK+小屋裏物置)
気密測定結果(C値)…1回目構造時0.1㎠/㎡、2回目完成時0.3㎠/㎡
屋根材…ガルバ鋼板 / 外壁材…軽量ラスモルタル下地ベルアート塗り仕上げ

お知らせ・イベント
インタビュー

オリジナルキッチン作るまでの経緯や使用感は?実際に作った方にインタビューしてみた。

吉田技建のアフターフォローは独特?実際に建てて10年以上のお客さんに聞いてみました。

注文住宅の成功例。いわき市に住んでる私が白河市の工務店を頼んだ理由はコレです。

白河市で自由設計の家を探した私たち。ハウスメーカーではなく工務店を選んだ理由は?

家づくり実例

家づくり実例をもっとみる

無料カタログ請求

吉田技建で家を建てた施主さまの施工実例をまとめたカタログを無料で贈呈いたします。家族との住まいの姿をぜひお楽しみください。下記フォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。

ご氏名 必須

送り先住所 必須

メールアドレス 必須

備考欄

リフォーム 白河市

福島県白河市高山西164-5
9:00~18:00 水・第2,4日曜日