家族の時間を刻むほどに家も愛おしく成長してゆく。

施工実例 ,

 白河の郊外に広がる美しい自然を、独占しているかのような絶好のロケーション。住まいの南側には景色を遮るものが何もなく、どこまでものどかな風景が続いています。
 夫婦が望んでいたのは、使い勝手の良い平屋のような住まい。どこにいても家族の気配を感じるような温かみのある空間でした。
 完成から7年。奥様のお腹の中にいた次男はもうすぐ小学生。子どもたちが成長するにつれ、その時々に必要なものをプラスしてきました。たとえば、風よけの玄関の突き出しや、お兄ちゃんの自転車を収納する自転車置き場。弟くんの小学校入学を前に、兄弟が肩を並べて勉強できるよう、お揃いの勉強机もオリジナルで制作しました。「完成して何年経っても、こうして要望を叶えてくれるのが吉田技建の良いところ。次は小屋を建てるのが夢です」と奥様は話してくれました。

木板張りの外観は、年月が経つほどに味わいを増し、周辺の緑に馴染んでいる
玄関のフックにかけられた、ママの優しさ

子どもたちの写真がいろんなところにさりげなく飾られている

my favorite! キッチン

天板にタイルを貼った時、職人さんと吉田社長がとても苦労しながら時間をかけて完璧に仕上げてくれました。あの姿がずっと忘れられなくて「大切に使っていこう」と思いました。だから毎日きれに掃除して磨いています!

次男が幼い頃に描いた家族の似顔絵。ひとつひとつの成長を大切にしている
キッチンから眺める風景。「ランプシェードの並びがお気に入り」と奥様

フリースペースにはブックスタンドが。たくさんの絵本が揃って小さな図書館のよう
階段の壁には長男の絵画が飾られている。額に入れられた作品はどれも家族の宝物

高めの天井にはアンティーク感漂わせるあらわし梁が。無垢の床材も年月が経ってツヤが出てきた
1階の和室に、ふたつの勉強机が新しく仲間入り。小学生になる次男の小さな背中が頼もしく感じる

ダイニング周りのスペースをうまく利用して、できるだけ大きな収納棚を設けた
バスルームの壁に作られた収納ボックスは、パパ、ママ、子どもたちそれぞれ1個ずつ。好きなものをしまっておける



イベント情報

こんな記事も読まれています。

リフォーム 白河市
吉田技建

福島県白河市高山西164-5

9:00~18:00

水・第2,4日曜日

0248-22-5301

お問い合わせ

イベント情報

見学会の予約はこちら

イベントの予約はこちら

ブログをもっとみる

お知らせ

無料カタログ贈呈中

無料カタログ請求