家族との時間が愛おしい。白い壁と木の調和が温もりを感じるナチュラルカントリーなおうち。

施工実例 ,,,

姉妹の部屋は、2階の南と北にそれぞれひとつずつ。同じレイアウトで白を基調とした空間。スタディスペースにもなるベンチの下部は引き出し式の収納に

 住宅街の中にあるSさん邸は、青空に映える真っ白い外観が印象的。いわき市に住む友人が建てた同社の家に「一目惚れした!」という奥様の想いが詰まった住まいです。
 玄関扉から続く1階のリビング・ダイニングスペースは、清潔感のある白で統一されています。塗り壁とパイン材の無垢フローリングが相まって、仲良し家族を温かく包んでいます。
 普段、ご主人は仕事が忙しく、家族と過ごす時間が限られています。小学生の娘さん達は、そんなパパのことがだ〜い好き!「パパが帰ってくると、娘たちはパパを取り合っていちゃいちゃしていますよ。パパには、家に居る時は心からくつろいでほしい」と奥様。ご主人も「うちが一番ホッとします」と話します。今、娘さん達は、雑貨集めやお菓子づくりに興味があるそう。子ども達の心の成長が、愛おしく思える暮らしです。
お姉ちゃんのお部屋の飾り棚には、自分で選んだ雑貨をディスプレイ

太陽の光がたっぷり入るスペースに、オリジナル製作のダイニングテーブルを。白で統一されたL字型のキッチンは、使いやすさにも配慮

同社が製作したダイニングテーブル。キッチン側の下部は収納付きで目隠しにもなって便利。キッチンは「洗ってしまえる」の動線を考えたレイアウトに

ガラス製のツインペンダントライト。やわらかい灯りが、夕暮れの食卓を照らしている。写真下キッチンのニッチには、食器や調味料を可愛らしくすっきりとディスプレイ

リビングのソファがお気に入り。一緒に過ごす時間のほとんどは、ここで楽しく話していて、笑い声が絶えない

玄関ホールの廊下とキッチンの間の壁に配したステンドグラスは、S邸のシンボル的な存在。暗くなりがちな廊下の明かり取りの役割も。1階リビングの隣の部屋は、小学生の娘たちが宿題をするスペースに。「目の届く場所に居てくれるから安心」と奥様。来客時にはゲストルームとして利用している

バスルームの洗面台は、清潔感のあるホワイトカラーで統一。歯ブラシや洗顔料などをしまっておけるよう、大小の収納棚を設けた。奥様がこわだって作り上げた 同社のオリジナル製品。玄関ホールには、磨りガラス製のアンティークランプを。光の陰影が幻想的な雰囲気を演出してくれる。

ハンドメイド小物づくりが趣味の奥様。「家族といる時間も、一人で好きなことをする時間も穏やかな気持ちで過ごせる住まいです」と話す。お気に入りの作品ができたら、おうちの中に飾って楽しんでいる

南フランス風の要素がたっぷり詰まった外観。玄関先のローズマリーが、家族の帰りを待っている。

白いフェンスや家のまわりは、小さな花やグリーンで囲まれている。窓の外にさりげなく取り付けられた、フレンチカラーのアイアンフラワーボックスがアクセントに


あわせて読みたいコラムは?

イベント情報